おらのタブレット[高齢者見守りサービス、ドコモが法人や自治体向けに提供]

[ドコモビジネスオンライン]

おらのタブレットは、ドコモが高齢者向けの見守りサービスとして、2015年6月1日より提供を開始したもの。個人向けというよりは、全国の法人や地方自治体向けのサービス。高齢者の日常生活を見守るだけでなく、災害時の連絡手段や情報提供の手段としての活用も期待されている。

おらのタブレット

高齢者側の具体的な活用方法としては、健康管理アプリを使って毎日の血圧測定や歩数測定を行ったり、脳トレアプリで遊びながらトレーニングをしたり、メールアプリでメールを作成したりできる。タブレットを初めて利用する高齢者の方でも、使いやすいような設計になっている。

また、法人や自治体側としては、高齢者が測定した血圧や歩数などのデータを元に健康相談を行ったり、メールやテレビ電話などのアプリを通じて安否確認を行ったり、災害時に防災情報をメールで送信したりできる。自治体・家族・医療従事者が上手く連携することにより、これまでよりもスムーズに高齢者の見守りが行えるようになるのが魅力。

導入に関するお問い合せは、ドコモ法人営業担当・ドコモショップ法人営業担当・ドコモビジネスオンラインにて受け付けている。導入費用や導入手順など詳しいサービス内容については、法人営業担当者が説明してくれるので、興味がある法人または自治体の担当者の方は、まずお問い合わせから。

ドコモビジネスオンラインのサイトURL:http://www.docomo.biz/

おらのタブレットの詳細

  • 法人や地方自治体向けに提供する高齢者専用タブレット。
  • 健康管理アプリ・脳トレアプリ・メールアプリの他、通常アプリの利用も可能。
  • タブレットのホーム画面には最大7つのアプリを表示できる。
カテゴリー: シニア家電 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。